離婚問題Q&A


財産分与 Q&A | 親権 養育費 面接交渉 Q&A | 離婚原因 Q&A | 一般 Q&A

離婚原因Q&A

配偶者との性格の不一致の場合、離婚はできますか?

民法に定められている離婚原因は以下の通りです。

□ 不貞行為
□ 悪意の遺棄
□ 3年以上の生死不明
□ 回復の見込みのない強度の精神病
□ その他婚姻を継続し難い重大な事由

ですので、性格が合わないだけで離婚は認められていません。 しかし、その他の事情をお聞きすると、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する場合もあるようです。

モラハラを理由に離婚することは出来ますか?

モラハラによって別居することになり、ある程度の別居期間があれば、婚姻関係がすでに破綻している、 「婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして、離婚が認められる場合もあり得ます。

夫の精神病を理由に離婚することは出来ますか?

民法上は、回復の見込みがない強度の精神病が一つの離婚原因にあげられています。 うつ病やパニック障害の場合には、認められないと思いますが、病気に基づく行状などが原因で 婚姻関係がすでに破綻しているとして、離婚が認められる場合もあります。 一方で、強度の精神病の場合であっても、病者の今後の療養や生活などについての具体的な方途の見込み がない場合には、裁判所の裁量で離婚を認めない場合もあります。

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F

TEL:03-3926-0762FAX:03-6740-1724